一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会のホームページが改ざんされる

一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会は7月22日、ホームページが外部からの不正アクセスによる改ざんを受け、マル ウェアに感染する可能性のあるファイルが設置されたと発表しました。

 

既に改ざんされて影響の受けたページは対応完了しているとのことだが、不正アクセスによる影響範囲は鋭意調査中とのことで、関連サービスは一部停止しているとのこと。

 

マルウェアは最近何かと話題のAdobe Flash Player の脆弱性を悪用したものであるとのこと。

 

このファイルの設置場所は、TOPページで時期は2015 年 7 月 14 日から 7 月 22 日までの期間である可能性が高いとのこと。

 

その時期にアクセスした記憶のある方は、その端末でウイルスチェックを行うことをお勧めします。

 

もちろん定義ファイルは最新であることが前提です。

 

このようなAdobe Flash Player関連の脆弱性ニュースは今後も増えていくことが予想されます。

 

もちろん、不正アクセスを受けて改ざんされたこととは直接関係していないですが、いずれもセキュリティ攻撃を受ける可能性を下げる意味でもAdobe Flash Playerを使っている方は要チェックですね。

 

【参照】

一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会ホームページの改ざんについて

 

 

LINEで送る
Pocket

Related Posts