英国では大企業の90%がデータ漏洩を経験しているそうな

セキュリティ対策ソフトで有名なESETが発表した内容に注目です。

ESETは9月23日(現地時間)、「90% of large businesses in the UK experienced data breach」において、英国政府がサイバー犯罪の脅威に備えるように呼びかけたことを伝えるとともに、同国では2014年の段階で小規模事業者の74%が、大規模事業者の90%が何らかのデータ漏洩を経験していると伝えた。(マイナビニュース)

 

英国政府がサイバーセキュリティ対策に力を入れている背景には、英国企業が米国企業に比べて2倍ほどサイバーセキュリティ被害にあっていることが影響している。

 

サイバー攻撃に関連する企業は米国や中国などが真っ先に思いついたので、英国がこれほど、サイバー犯罪の影響を受けているとは何とも意外に思う。

 

大規模企業が知名度から攻撃のターゲットにされることは90%経験しているから想像はつくのだが、小規模事業者ですら74%の漏えい経験があるということで事態は深刻であるといっても過言ではないだろう。

 

日本においてもサイバーセキュリティ対策費用は企業における重要な投資ファクターなのは明白だ。

 

ニュースを見ても「対岸の火事」だと言っている場合ではないですよ。

LINEで送る
Pocket

こんな記事も読まれています