【注意喚起】ウェブブラウザ「Internet Explorer」は来年より最新版以外はサポート対象外になりますよ

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は12月15日、2016年1月12日から「Internet Explorer」のサポートポリシーが変更されることから利用者に対して最新版へアップデートするように注意喚起しました。

(参照:「プレス発表 【注意喚起】 Internet Explorer のサポートポリシーが変更、バージョンアップが急務に」)

 

その発表によると、

2016年1月12日(米国時間)を過ぎると Microsoft 社が提供する IE のサポート対象が“各 Windows OSで利用可能な最新版のみ”にポリシーが変更されます。

 

サポート対象外になるとセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるため、脆弱性が発生、発見されるたびに、「ウイルス感染」や「情報漏えい」などのセキュリティリスクが高まります。

これは、時間がたてばたつほどリスクが高まるともいえると思います。

(例として現在のWindows7の場合、IE11が最新の為、IE8~10などの場合は、来年1月12日より更新バージョンへのアップデートが出来なくなります)

 

OS サポート継続バージョン
Windows Vista SP2 IE 9
7 SP1 IE 11
8 なし
8.1 Update IE 11
10 IE 11
Microsoft Edge
Windows Server 2008 SP2 IE 9
2008 R2 SP1 IE 11
2012 IE 10
2012 R2 IE 11

■こちらは、OS別のIEのサポートが受けられるバージョン一覧です。

■表のとおり、Windows8はサポートが終了する為、8.1 Updateか10にアップデートしたうえで、IE11最新版へアップデートする必要があります。

 

現在のバージョンの確認方法や最新版へする方法は非常に簡単です。

https://www.microsoft.com/japan/msbc/Express/ie_support/

ここに記載の通り、「Internet Explorer」を開いて、ツール⇒バージョン情報をクリックで確認可能です。

(OSのバージョンによって微妙に異なるケースもあるので、上記URLにて詳細ご確認下さい)

 

もし最新版でなければ上記URLに最新版ダウンロードのURLがありますのでご確認下さい。

まあ、パソコンをこまめにシャットダウンしていれば、自動的に更新してくれるはずなので、更新していれば問題ないと思います。

 

非常に影響が大きい変更ですので、確認することをお勧めします。

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

Related Posts