ANAの搭乗システム停止で大混乱 サーバー全4基すべて停止しちゃったみたい

全日空の搭乗システム障害で欠航・遅れ537便 サーバー全4基が停止していた 7万人超に影響(産経ニュース)

大混乱だったようです。

 全日空の搭乗手続きシステムに障害が発生した22日午前8時20分ごろに、システムを管理するサーバー4基がすべて停止していたことが分かった。同社が22日、明らかにした。外部から大量にデータが送りつけられるなどの不正アクセスは確認されておらず、内部の不具合が原因とみて調べている。復旧後も各空港の混雑は続き、国内線146便が欠航、391便が遅れ、計約7万1900人に影響した。

今回トラブルの原因となったのは搭乗手続きシステムのサーバーが停止したことなのですが、そもそも4台同時に止まることなんてあるのでしょうか?

産経ニュース等メディアが伝えたところによると、最初に止まったのは1台のみだったそうです。その後、次々に停止。午前3時頃停止したのは1台のみだったものが、午前8時過ぎには4台すべて停止し、予約、搭乗手続きなどほぼすべてができなくなりました。

その後の調査で、不正アクセスは確認されておらず、内部のソフトウェアのエラーの可能性が高いとのことです。

交通の大動脈、航空会社でシステムエラーが起こると影響は甚大ですが、今回テロ等でなかったことは唯一の安心材料でしょうか。

<ベルギー同時テロ>空港と地下鉄駅で爆発、34人死亡

ヨーロッパではほぼ同時刻に空港で自爆テロが起こっていました。

(了)

LINEで送る
Pocket

Related Posts