誤送信はくれぐれも注意!

いくらセキュリティソフトを入れようとも、プロに監視をお願いしようとも防げないもの。

 

メールの誤送信です。

 

障害者37人分、メール送信ミス 台東つばさ福祉会 /東京

台東区は26日、障害者の就労支援を委託している区の外郭団体「台東つばさ福祉会」(松が谷2)の職員が、氏名、住所、障害種別、障害程度など障害者37人分の個人情報が記された情報を誤ったメールアドレスに送信したと発表した。

 区障害福祉課によると、25日午前11時ごろ、職員が送付する予定だった同福祉会のアドレスを間違って送信したという。プロバイダーが管理するアドレスで個人に送信した可能性も高い。26日までに2次的な情報流出は確認されていない。

毎日新聞に報道されていました。これは決して他人事ではなく、誰もがメールの誤送信をやったことあるのではないでしょうか?

最近では、Gmailが送信後の取り消しができるようになっていたり、Facebookメッセンジャーもメッセージの削除ができるようになっていますので、昔に比べると、なんとか対応はできる場合もあるのですが。

知る人ぞ知るGmailの「送信取り消し」がついに正式サービスに

 

ただし、ご存知の通りLINEは相変わらず、送ったメッセージを削除することができません。

送ってしまったら最後。間違っていたら謝るしか方法はないのです。自分が注意するしかない!

 

最後にそんな誤送信のまとめをどうぞ。

 

【悲報】痛すぎるLINEの誤送信12選

 

これを目に焼き付けておくことで、世界から誤送信がなくなることをお祈り申し上げます。

LINEで送る
Pocket

こんな記事も読まれています