「Have I been pwned?」自分のメールアドレスやIDがハッキングされて過去の流出リストに入っていたかどうかがわかる

自分のメールアドレスやID名で検索するとハッキングされて過去の流出リストに入っていたかどうかがわかるサイトを、Microsoftのセキュリティ開発者としてMVPも受賞したことがあるトロイ・ハントさんが制作しています。

スクリーンショット 2016-04-29 18.49.35

https://haveibeenpwned.com/

 

誰もが自分の保有するアカウントの危険性を無料かつ簡単にチェックできるようにするため、ウェブサービスを作成したそうです。

使い方はいたって簡単です。検索窓に自分のメールアドレスやIDを入力してpwnedボタンをクリックするだけです。

ハッカーがソフトウェアの脆弱性を突いて不法に得た情報を「ブリーチ」と呼びますが、それが確認できます。

Have I been pwned?にあるデータは全てウェブサイトから公に流れでた「ブリーチ」情報となっているとのこと。

サイト上にある情報はユーザー名とメールアドレスのみで、パスワードなどは保存されていません。

さらに詳しい情報はこちらをご確認ください

自分のメールアドレスやID名で検索するとハッキングされて過去の流出リストに入っていたかどうかがわかる「Have I been pwned?」(Gigazine )

【お知らせ】

弊社レオンテクノロジーにて、WEBセキュリティについてのセミナーを実施いたします。最新のセキュリティ攻撃の事情に着目し、セキュリティインシデントの例や、実際にどのように攻撃が行われているのかを実演し、対策方法についてご紹介いたします。

・Webアプリケーション対策をご検討の方
・Webアプリケーションについての対策を行っていない方
・最新の情報セキュリティに興味のある方
・情報セキュリティ担当を初めてされる方
以上の方、そうでない方もぜひ足を運んでみてください。

LINEで送る
Pocket

こんな記事も読まれています