Windows Server 2003 のサポートが終了します

どうも、こんにちはAKIHIROです。

お昼にモリイさんにお寿司をごちそうになり、テンション高めでお送りします。

 

さて、皆さんはすでにご存じかもしれませんが、掲題にありますよ通りWindows Server 2003 のサポートが来年の2015年7月15日で終了します。

そこで、サポートが終了とはいったいどういうことなの?何がまずいの?って人もいると思いますので、まとめてみます。

サポートとはセキュリティ更新プログラムのサポートや有償および時間制サポートなど、すべてのサポートが対象です。

特にセキュリティ更新プログラムのサポートが受けられないのが問題です。

セキュリティ更新プログラムとは?

ソフトウェアにある脆弱性を修正するために追加で提供されるソフトウェア プログラムです。脆弱性とは、セキュリティ上の問題点のことです。ウイルスなどに代表される悪意のあるソフトウェア (マルウェア) は、この脆弱性を悪用して、パスワードやクレジットカード情報を盗むなどの犯罪を行います。
セキュリティ更新プログラムを PC にインストールすることで、脆弱性が修正され、マルウェアは、脆弱性を利用することができなくなります。

引用:microsoft Windows Server 2012 R2 乗り換えキャンペーン ページ

 

IPAによると、サポートが終了したOSを使い続ける危険性が発表され、2012年7月から2014年6月の2年間に「Windows Server 2003」が影響を受ける脆弱性が231件公表され、その内170件は深刻度の高いレベルⅢでした。

kyubi2003

図: 2012年7月から2014年6月の2年間に発見されたWindows Server 2003が
影響を受ける脆弱性の深刻度割合
(引用:IPA プレス発表 サポートが終了するWindows Server 2003を利用している企業・組織への注意喚起

 

サーバー用OSの脆弱性を悪用される例として、システムダウンによる業務停止や機密情報漏えい、持ち出しによる損害賠償対応等があり

企業の存亡にかかわる事故が想定されています。

「Windows Server 2003」をお使いの企業は、速やかに、「Windows Server 2008 R2」や「Windows Server 2012 R2」に移行することをご検討下さい。

 

※弊社では、移行キャンペーンとして、OS入れ替えや別サーバー環境への乗り換え対応サービスを行っておりますので、移行に関するご不明な点がある方は

KYUBI問い合せまたは、レオンテクノロジーの問い合せフォームまたは、お電話よりお気軽にお問い合せ下さいませ。

 

LINEで送る
Pocket

こんな記事も読まれています