メディアプレイヤー「QuickTime」に脆弱性。修正版v7.7.8を公開

メディアプレイヤーである「QuickTime」に脆弱性が発見されたようです。

 

 米Apple Inc.は20日(現地時間)、メディアプレイヤー「QuickTime」の最新版v7.7.8を公開した。本バージョンはセキュリティアップデートとなっており、CVE番号ベースで9件の脆弱性が修正されている。(窓の杜)

Apple Inc.によると、メモリ破損に関する脆弱性が複数存在し、悪用するとアプリケーションを不正終了させられたり、任意のコードが実行されてしまう恐れがあるという。脆弱性の影響を受けるOSはWindows Vista/7らしい。

 

同社のWEBサイトから最新版はダウンロード可能です。。

 

ご利用の方で該当するOSの方はアップデートをお勧めします。。。

 

ただ使っている人いたら教えてほしいくらいですね。

【お知らせ】

弊社レオンテクノロジーにて、WEBセキュリティについてのセミナーを実施いたします。最新のセキュリティ攻撃の事情に着目し、セキュリティインシデントの例や、実際にどのように攻撃が行われているのかを実演し、対策方法についてご紹介いたします。

・Webアプリケーション対策をご検討の方
・Webアプリケーションについての対策を行っていない方
・最新の情報セキュリティに興味のある方
・情報セキュリティ担当を初めてされる方
以上の方、そうでない方もぜひ足を運んでみてください。

LINEで送る
Pocket

こんな記事も読まれています