Google Maps 地図編集機能を一時中止

どうも、コンニチハ、『まにお』です。

 

どうやら、Googleの地図サービス「Google Maps」にていたずらが相次いだようです。

 

 米Googleの地図サービス「Google Maps」でユーザーによる改ざんやいたずらが相次いだ問題を受け、Googleは5月12日から一時的に、地図編集ツール「Map Maker」を使った地図の編集をできなくする措置を講じると発表した。

(ITmedia)

 

アメリカではホワイトハウス上の内容が書き換えられた他、日本でも警視庁や皇居内の施設名が書き換えられたようだ。

 

「Map Maker」誰でもグーグルマップを編集できる機能であった。

 

各地の詳細な情報を追加し、より深い情報を得るのが目的だったが、結果はやはりといったところか。

 

自由になるのはいいが、一定の承認機能はやはり必要だったようだ。

 

より安全に再度当機能が使えることを期待したい。

 

逆にいたずらを逆手にとって、いかに面白いいたずらをしたかグランプリを開くとかはどうか!?やりすぎか笑

 

 

 

LINEで送る
Pocket

Related Posts