俺は世界征服がしたいお前のその10本の指で。

どうもみなさまこんにちは〜  多分料理長のジュニアです!

 

「俺は世界征服がしたいお前のその10本の指で。」この言葉!誰が言ったのか知ってますか?

 

そう!!エンジェル投資家の坂井大輔が是枝一希に言った言葉です。熱いですね!こんなことが言えるなんて。

 

 

え??知りませんか?エンジェル投資家?坂井?

是枝・・・・・・・・・・・・・王様のヴァイキング!!

 

そうです!週刊スピリッツで連載中の人気漫画『王様のヴァイキング』で主人公是枝一希に言った言葉です。

 

この間、時間があったので漫画喫茶に行ったときにおすすめコーナーにあったので読んでみたのですが、すごく面白くて本当におすすめですので紹介しちゃいます!いや、紹介させて頂きます!

 

このブログに紹介することもあり、『王様のヴァイキング』はサイバー漫画です。

 

主人公、是枝一希はクラッキングの天才。しかし周りとコミュニケーションがとれなくPCさえあれば何もいらないとしている社会不適合者。

 

そこで投資家の坂井大輔がその能力に惚れ込み投資をし、是枝一希がクラッキングの能力を活かしサイバー攻撃と戦いながら社会の役に立ち成長していくといった流れです。

 

雑にまとめてしまいましたが、僕が何がおもしろいと感じた理由として【現実世界で今本当に起きていること】だから! 起きているは言い過ぎですが本当にありえそうな事と思ってください。

 

今までは身近ではありえないサイバー漫画が多かったですが。(天才高校生が政府と戦うとか、第三次世界大戦とか)

 

王様のヴァンキングでは、坂井が投資しているベンチャー企業のサービスで、Twitter・mixi・LINE・FBを一括管理できるWEBサービスを運営していたり、ATMのハッキング事件が起きたり、ブルートフォースアタックをしていたり等現実世界でありそうなことばかり。いや、実際に起きています!笑 (笑えませんね、、、すいません。)

 

IT系のあるあるやPCに詳しくないと分からないことなどもあり面白さ満載です。

 

書きすぎてしまうと、ネタバレになってしまいますのでこの辺でやめておきます。

 

こういったリアルなセキュリティに対するサイバー漫画なども増えてきて、これからもどんどんサイバー攻撃は増え続け進化していくのでしょう。

 

どんな形からでもセキュリティが皆さんに身近なものになって頂ければと思い紹介させていただきました。

 

面白いので是非読んでみてくださいな!!

 

おわり。

 

 

LINEで送る
Pocket

こんな記事も読まれています

2017年11月22日

レオン流行語大賞2018