エンジニア達のエレジー ~寝落ちの奇跡編~

 

今年初の虫刺されを経験したワタシですが・・・
虫達よ、目覚めるにはまだ早い・・・どうも、モリイです。

 

インターネットにおける禁忌をヲレは恐れない!!!
ありのままの体験談を・・・書く!!!
特に、帰宅ネタのところ・・・括目せよ

 

この記事を書いたヲレに幸あれ・・・
ヲレの勇気を褒めて欲しい!!!

 

ということで、今回は 寝落ちの奇跡 について書こうと思います。

 

開発中に・・・
環境構築中に・・・
真夜中のシステム移行中に・・・

 

徹夜の奮闘を迫られる場合もあるエンジニア達のエレジー
寝落ちが引き起こした奇跡を書き記す!!!

 

 

さぁ、ヲレの覚悟、とくとみさらせぇ!!!

 

——————————————————————————–
■小人さんの奇跡
——————————————————————————–

ヤヴァイ!!!と起きてコードを確認すると・・・
完成しとる!!!・・・俺って天才か!?

 

ヲレも何度か経験のあるこの奇跡はほんとに自分でも記憶にない・・・
小人さんの仕業としか思えない
小人さんの出現条件は不明であるが何度か助けられた経験がある・・・

 

最近寝落ちしてないな・・・

 

小人さんはあなたの元にもきっと来る!!!
貞子かw

 

 

——————————————————————————–
■寝落ち前後の思考停止が生む奇跡
——————————————————————————–

寝落ち前後の謎の行動や謎の文字について、
寝落ち直前と寝落ち後の2パターンに別れると私は分析する

 

【寝落ち後】至福と地獄の境界線上での激闘

bbbbbbbbbbbbbbbbbb永久ループ などがもっとも多い寝落ちの謎文字であるが
寝落ち復帰後に作業継続できるように残すダイイグメッセージ
このダイイングメッセージに奇跡が宿る!?

 

この続き#103からsueyfghupi ← 後半すでに寝落ち
huuyfegohivoihufug ← すでに寝落ち
ムリ ← 諦めて寝落ち
(っ´∀`)っ ← 意味すらわからない

 

など、時として寝落ちは奇跡のダイイングメッセージを生む
記憶にないのがほんとに怖い
死しても作業を続けようとする己のプロ根性が憎い・・・。

 

 

【寝落ち前】コードに精神状態を反映させる

$jigoku ← わざわざhellと書く思考能力がない
$kayui  ← かゆいよね、わかります
$tear  ← 泣くな、おまえにはまだ余力がある

 

など、現状の心の叫びをプログラムに残してしまうこともある・・・
一般的にコード内のコメントには必要のないコメントは残したくはないものであるが
冷静な判断力と思考力の無い状態では己の生きた足跡を残そうと欲望が出てしまう
見える、見えるぞ・・・

 

 

【寝落ち前】コメントの説明が日記調

/*
2015/03/** 天気:晴れ
今日プロジェクトの#56から#90まで片付いた、
この調子で起きたらがんばろう
早く帰ってゲームしたい、あぁ、眠い。
*/

 

など、やっちゃってたね、若かったね。
Subversion等で管理されたプロジェクトだと日記ががっつり残ってしまって
翌日出社した同僚にネタにされるとか・・・あるかもね!?

 

 

【寝落ち前】進んだ感だけ残して撃沈

一切コードは書き換えてないが、コメント欄などにスペースだけ加えて
作業に関係のないファイルまで上書いて作業にやった感を残して撃沈する

 

イタチの最後っ屁ってやつですな。
これ、何だろう・・・こんな無意味なことなのにやってしまう
それほどまでに追い詰められているということか!?
アーメン!!!

 

 

——————————————————————————–
■5分間の寝落ちからの復活、覚醒モード
——————————————————————————–

5分、たった5分の寝落ちが生む奇跡の生産性
この5分が5時間にも6時間にも感じられる・・・
5分の睡眠により覚醒モードへ、その後8時間フル稼働可能に

 

体内の最後の体力を使ってるんだろうな・・・と思いつつも
ハイなヲレは何人たりとも止められない!!!

 

その後待ち受ける試練が例えようもない虚脱感とともに訪れるとも知らずに
ゆりかふぁいおー!!!

 

 

——————————————————————————–
■顧客とのチャット会議中に寝落ち
——————————————————————————–

LINE中に寝落ちなんてことも皆さん経験があるかもしれません
SKYPEやメッセンジャーなどでクライアントと急遽会議なんてことも昔はよくあったものです。

この寝落ちの末路は・・・

上司とクライアントからの厳しいお叱り、ほんと、世知辛いぜ!!!

 

 

——————————————————————————–
■徹夜後の帰宅は危険がいっぱい
——————————————————————————–

徹夜を経験した男性であれば一度は経験のある2パターン
ヲレが最も書きたかったネット最大の禁忌がここに!!!

 

【パターン1】
んあ!?意識が朦朧とする・・・
徹夜→電車内で寝落ち→ここどこだ?

 

JRの長距離線などは乗り過ごす = 死だ・・・。

 

埼玉の自宅に帰るつもりが・・・何!?群馬県だと!?
大船の自宅に帰るつもりが・・・国府津!?どこよ???
と、しかも折り返そうに電車がなかったり・・・
しかたない・・・漫画喫茶で夜明かしするか・・・
と思い下車しても漫画喫茶がないだと!?

 

結局、莫大なタクシー代を支払うか
コンビニやファミレスで始発を待つ

 

なんてことを経験して結局2徹目に突入なんてことはIT業界あるあるですな。

 

 

【パターン2】
若さって恐ろしい
徹夜→電車内で寝落ち→あぁ危ない寝過ごすところだった・・・が降りられない男の悲しい理由

 

栄養ドリンクの副作用!?
子象がマンモスに!?
いつもより元気な第三の足に驚愕!?
なぜこのタイミングなのかと!?
立てない、たっているのだが、立てない!!!
たっているからこそ、立てない!!!

 

男性諸君にはご理解いただける内容かと思いますが、
徹夜明けの帰路は電車の座席に座ってはイケない。

 

これがヲレの最も伝えたかったことです・・・

 

 

——————————————————————————–
■寝落ち→目覚める→誰もいない・・・
——————————————————————————–

寝落ち→目覚める→誰もいないにはいくつかのパターンがある

 

・みんなが寝てる間に帰った
・みんなが寝てる間に夜食食べにでかけた

 

いずれにせよ、必ず始まる寸劇がある

 

自分:帰るなら声かけてよ!!!
同僚:声かけたよ、おまえ「先帰っていいよ」って言ったじゃん
自分:・・・そうだよね(記憶にない)

 

これだ!!!
エンジニアにも検証ができないことはある・・・。

 

 

——————————————————————————–

 

 

いかがでしたでしょうか?
インターネットの禁忌を冒してまでヲレが伝えたかったことは

 

 

寝落ちするまで追い込まれるプロジェクトにならないことを・・・祈る

 

 

ということで、今日はこの辺で!!!

 

 

ヲタ~~~

 

 

LINEで送る
Pocket

こんな記事も読まれています