あぶないで蚊

どうも、今年もやってきました、蚊の季節・・・モリイです。
去年の出現はいつだったか忘れましたが、今年は5月4日、本日のようです。

 

 
やられましたね、顔のほほ骨あたりをいかれてしまいましたね。

 

 
日本人は蚊に対して警戒心が薄いですが、世界では毎年72万人以上の人が
蚊のもつ何か不思議なパワーでお亡くなりになっているのです。

 

 
昨年、日本でも流行りましたよね、デング熱
今年も流行るのでしょうか・・・。

 

 
というわけで、これからの行楽シーズンに向けて
身近に存在するあぶないヤツラを紹介します。

 

 
ヲレの記事、どんどんWEBセキュリティと離れていってるけどほんとにいいのだろうか・・・
今回は問題ない、いちおう、身を守るってことでセキュリティになると思うから。

 

セアカゴケグモ

なんか、三鷹で発見されたとかされなかったとか。
コイツに刺さて手遅れになったら皮膚が腐るらしい。

こえぇ、寝てる間に刺されても気付かんぜw
蚊帳でも用意して寝るしかねぇな・・・。

気をつけなはれや!!!

タヌキ

野生のタヌキは「疥癬」っちゅう症状を引き起こす
「ヒゼンダニ」っちゅうダニを媒介しとるようです。
都内にも野生のタヌキいるっしょ、
江戸川橋の椿山荘の庭で見たことあるでよ。

人懐っこくてエサくれ~って近づいてきても触っちゃいかんよ。
もしも触ったら、キレイキレイで手洗いしなはれ!!!

気をつけなはれや!!!

マムシ

山間部や都会でも古民家や人の住んでない空き家なんかにいる。
ハブの2、3倍強力な毒があるそうで噛まれたらあぶねぇよ。
マムシ以外にも日本の本土にはヤマカガシっていう見るからに
あぶなそうな毒蛇もおるでよ、見つけても近づいちゃイカン。

昔、落ち葉の下に寝てるアオダイショウかシマヘビを踏んでしまって
噛まれたことがあるw
死んだと思ったw
結果、死んでないからアオダイショウかシマヘビってことにしてるw

気をつけなはれや!!!

オオスズメバチ

都会とか田舎とか関係なく出会う頻度が高くて最も危険な虫さん。
出現時期は秋頃だが、刺されたら強力な毒で
「アナキラフィシーショック」っちゅうアレルギー反応で死んでしまうこともあるので
ほんま、見つけたら市や区役所の害虫駆除係りに電話して退治してもらうか
ハチハンターに電話して退治してもらうしかねぇ。
素人対応は危険。

昔、スズメバチの巣にロケット花火ブチこんでハチに追いかけられたことある。
昔は逃げられたが今は体力ないので逃げれないw

気をつけなはれや!!!

ヤブカ(ヒトスジシマカ)

タイトルにもある、「あぶないで蚊」の蚊です。
クモやトンボがいっぱいいると蚊が少なくなる。
これはマジ!!!

リアルにヤブカに噛まれ過ぎると熱が出る。
寝ればなおるけどねwなんでだろうなw

薄い装甲のロンTなどTシャツ越しに吸血してくるもんで、
対策は分厚い装甲で露出しないこと。
虫よけスプレーの重ね掛け
毎日夏場はバジルかパクチーを生で食べる

これ、結構効果的よ。

気をつけなはれや!!!

マダニ

清潔にしてる家でも結構な数がいる。
マダニに噛まれると、
SFTS(重症熱性血小板減少症候群)
という致死率30%の感染症になるっぽい。

1/3で死ぬってこと、じゃんけんで負けるよりたやすい・・・。
草むらや雑木林に出かける際は肌を露出せずに完全防備を奨める!!!

気をつけなはれや!!!

ということで、みなさんこれからの季節、気をつけなはれや。

ヲレは外に出ないので蚊以外心配することがない。

ふはは、出不精が生存率を上げるということもあるのだな・・・。

 

 

 
というわけで今日はこのヘンで

ヲタ~~~~

LINEで送る
Pocket

こんな記事も読まれています

2016年10月6日

木曜どうでしょう?