連打連打

どうも、超久しぶりの投稿となるモリイですけどの投稿者、モリイです。

とりあえず久しぶりにバイブス上げて書きます。

10/1(月)までセミが鳴いていたが10/2(火)からセミ鳴いてないんじゃね!?

 

秋、来たんじゃね!?

ヲレは4/1〜11/30まで半袖で過ごすがな

15度以下にならないと暑くて長袖着れないぜ

 

みなさん、連打してますか?

 

というわけで、タイトルにあるとおり「連打」をテーマにしているわけだが、

「連打」をしても意味がないのに「連打」してしまう「レンダー」の皆様、

改めて連打を冠する神が残した人類の叡智をここに記す。

 

 

——————————–
山本連打
https://ja.wikipedia.org/wiki/山本リンダ
——————————–

山本リンダですね、
リンダですわ。

 

——————————–
竹内まりや

連打
——————————–

リンダですね、
リンダですわ。

 

——————————–
THE BLUE HEARTS

連打連打
——————————–

リンダリンダですね、
リンダリンダですわ。

 

そろそろ怒られるのでこのへんにしときますわ。

 

っつ〜わけで、ここからはあなたのレンダーレベル、確認ください。

レンダーのジレンマ、それは周囲の目である。

周囲の目を気にせず連打できるボタンこそ至高、

オリジナルの連打ボタンを探し連打してこそのレンダー

あなたが連打してしまうボタンは何か!?

ちなみに、連打ゲームやパチンコ/スロットの連打演出は除く。

だって、あれはあぁいうもんじゃろ!!!

公衆に存在するボタンこそ連打対象、それがレンダーである。

 

 

レンダーレベル:★☆☆☆☆
連打対象:押しボタン式信号機 のボタン

連打するね、連打したって早く青にならないことは知っている。

だが、そこにボタンがあれば連打してしまう。

これ、レンダーの性なのよ。

ちなみに真のレンダーは青に切り替わるジャストのタイミングまで連打を止めない。

 

街中の小学生達が連打するのを見てこの国の将来を背負う彼らに正しい「連打学」を

伝えることがヲレの使命だと痛感する日々ですわ、ですわ。

 

 

レンダーレベル:★★☆☆☆
連打対象:ウォシュレット の強弱ボタン

 

MAXまで強度を上げてなお連打するも大抵はボタン音がこだまするのみだが、

稀に限界を突破する勢いで放たれるウォータープレッシャーに対して

弱ボタンを押してしまう不甲斐なさ・・・。

 

新幹線の9号車、ウォシュレット付いとった・・・。

勢いはMAXでも通常の真ん中レベル程度の水圧しか出ないので

心置きなく強を連打しまくれる安心設計。

 

 

レンダーレベル:★★★☆☆
連打対象:エレベーターのボタン

 

メーカーによっては長押しや連打で取り消しとなるため

スリルと共に連打の快感を得られる高レベルボタン。

また周囲においても連打しても間違った行き先をキャンセルするための

連打として偽装できるため心置き無く連打が可能。

 

連打キャンセル機能を考えた人、天才や。

 

 

レンダーレベル:★★★★☆
連打対象:バスの降りますボタン

 

関東バス、西武バスは一度ボタンを押すと以降、次の停留所まで赤く点灯し追加反応はしない。

裏側の仕組みで連打すると運転手さんに迷惑がかかるかもしれないが、

連打せずにはいられない神秘のボタンである。

 

バスが動き出す前にフライングプッシュするやつもいるが、これは邪道である。

ドアが閉まり、バスが発車してから押すことがルールである。

 

降りる際、誰よりも先にボタンを押すことに命を燃やすヲレにとって

小学生どもがライバルであり、彼らより先にボタンを押せなかった日は

仕事にも身が入らないほどの落ち込みようである。

押したからには、目的地でなくても降りることがルール、降りよう・・・。

 

 

超押したい、連打したい。

今回は久しぶりということもあり
続きはまた今度な。

 

次の更新、いつになるかはわからんがまぁ早めに書くわ。

 

ほいじゃ〜の!

ヲタ〜〜〜〜〜〜〜〜

LINEで送る
Pocket

こんな記事も読まれています

2018年10月4日

連打連打