10万ダウンロード超、「セキュリティ対策」プラグインのAll In One WP Security & Firewall に脆弱性

セキュリティプラグインを入れていれば安心、そう思っていませんか?

そんなことはありません。セキュリティプラグインは、その構造上完全ではなく、サーバやWordPressそのものの脆弱性は回避できません。

また、プラグインそのものに不具合があることもしばしばです。したがってセキュリティプラグインはあくまで補助的なものと考える方が良いでしょう。

 

有名セキュリティプラグインである、All In One WP Security & Firewall にSQLインジェクションの脆弱性が4件、発見されています。

日本語解説ページはこちら

 

120497 2015-04-06 All In One WP Security & Firewall Plugin for WordPress admin/wp-security-list-404.php Multiple Parameter Blind SQL Injection
120498 2015-04-06 All In One WP Security & Firewall Plugin for WordPress admin/wp-security-list-login-fails.php Multiple Parameter Blind SQL Injection
120499 2015-04-06 All In One WP Security & Firewall Plugin for WordPress admin/wp-security-list-acct-activity.php Multiple Parameter Blind SQL Injection
120500 2015-04-06 All In One WP Security & Firewall Plugin for WordPress admin/wp-security-list-locked-ip.php Multiple Parameter Blind SQL Injection

 

なお、脆弱性はすでに修正済みであり、最新版の3.9.4(2015年4月11日現在)を用いることで脆弱性を回避できます。

 

LINEで送る
Pocket

こんな記事も読まれています