サービス

IoT脆弱性診断

現代は様々なモノがインターネットに繋がるIoT(Internet of Things)時代です。

IoT脆弱性診断サービスでは、そういった多種多様なIoT機器に存在する脆弱性や設定の不備、インターフェース等について調査を行います。

01

IoT脆弱性診断について

IoT脆弱性診断では外部からだけでなく、内部からも攻撃者の視点から様々な診断を試行し、機器に存在する脆弱性や設定の不備を調査いたします。

 

健康状態を調査

貴社のサーバやネットワーク機器に疑似攻撃を試行し、健康状態を調査いたします。

診断レポート

調査結果を元に貴社のサーバやネットワーク機器の健康状態をレポーティングいたします。

 

IoT脆弱性診断項目内容
機器上で動くプログラムや設定機器上で動くプログラム、初期設定、セキュリティ機器を診断します。
ファームウェアファームウェアアップデート機能、ファームウェアを診断します。
ハードウェアシリアルポート、JTAGなどのインターフェースを診断します。
通信プロトコルWi-Fi、有線LAN、Bluetooth等の通信プロトコルを診断します。
アプリケーション間の通信を診断します。
02

レオンのIoT脆弱性診断

より詳細な診断テスト

脆弱性や設定の不備についての調査に加え、診断対象に対して考えられる攻撃シナリオの発生の可否についても意識した診断を実施します。

柔軟な対応
(オンサイトでの診断など)

例えば、オンサイトでの対応やVPN接続のためのポート開放をしていただき、貴社のローカルサーバを診断することも可能です。

対策に活用しやすい
レポート

解決策をより具体的にかつ簡潔に記載したレポーティングに定評があります。

03

実施フローについて

以下のフローで実行いたします。

ご提案
診断範囲及び診断内容の提案、お見積りを提出させていただきます。また診断スケジュールの調整をさせていただきます。
お申し込み
必要事項を記載し、注文書の送付をお願いいたします。
診断
診断実行中に最大な脆弱性が発覚した場合は速報にて通知します。
レポート
診断完了後、約5営業日以内に診断報告書を提出させて頂きます。
※オプションにて報告会も実施させて頂きます。