セキュリティ対策・支援の株式会社アークンへ不正アクセス。顧客情報流出か

セキュリティ対策・支援を行っている株式会社アークンは1月12日、同社が管理しているサーバーに不正アクセスを受け、顧客情報を窃取されその情報を元に恐喝されていると発表した。

(アークンの発表はこちら

顧客情報(個人情報を含む)に関する恐喝未遂事件への対応について」)

 

同社によると、平成 28 年1月4日(月)に金銭を支払わなければ窃取した顧客情報を流出させるという内容の恐喝を受けたことにより、この一連の不正アクセス情報漏えいが発覚したようです。

 

窃取された可能性が判明している顧客情報は3,859 社にのぼり、情報内容は会社名、ご担 当者名、メールアドレス、電話番号、住所の 5 項目のようです。

 

さらに、それとは別に3社の顧客のアカウントへ不正アクセスをした痕跡もあったようです。(ということはアカウント情報も漏えいしているのでは?と勘ぐります)

 

今回対象になった顧客に対してお詫びとしてクオカード500円分をお送りするということです。(これどこかで見たことあるお詫びですよね?これ流行っているのかな。。)

 

その他の被害状況や詳細すべて現在調査中とのことです。

 

恐喝されているということで、被害者になっていますが、セキュリティ対策を生業としている同社にとってこの件は業績への影響は必至です。

2015年の12月にマザーズへ上場したばかりの同社。株価にも影響が出ており、まだまだ余波は続きそうです。

 

筆者が気になったことは、一つ。

HPにセキュリティ情報というページがあります。ここには過去に起きたセキュリティ事故事例が記載されておりますが、ここに今回のケースは記載されるのでしょうか。

 

大変興味深いです。

 

LINEで送る
Pocket

Related Posts