これで解決!あなたの手を乾燥から守るテクニック

みなさん、こんにちは給食係のジュニアです。 12月も中旬で、そろそろ手が乾燥してきますよね。 乾燥してくると、皮膚がパックリしたり、静電気に悩まされたり、、、 そんな乾燥に悩んでるあなたに朗報です。 長年の研究の結果、ついに乾燥から守る為の秘訣が編み出されました! ではご紹介します。

 

1.トイレに行っても手を洗わない。

手を洗う時、石鹸を使いますよね?あったかいお湯で洗いますよね? そうすると、油が全部流れてしまいます。 手には適度な油が必要なのです。 洗った後に毎回ハンドクリームを塗るのはめんどくさいですよね。 特に僕の場合、しょっちゅうトイレに行くので大変です。 だから最初から洗わなければいいのです。ばい菌だらけになるかもしれませんが、乾燥から守るためには仕方ありません。

 

2.緊張状態を保つ。

緊張すると手に汗をかきますよね? これぞ天然の加湿器です。 ずっと加湿器に手を当てておくのは辛いですよね、自衛隊の方がずっと両手を上にあげているだけの訓練をみたことがあります。 とても辛そうでした。 僕の場合は常に誰かに後ろから監視されていると想像して緊張状態を保っています。心が弱いのでパフォーマンスは下がりますし、トイレも近くなりますが、乾燥から守るためには仕方ありません。

 

3.気のせいだと思う。

これはちょっと上級者向けかもしれませんが。 ドアノブに触った瞬間、バチっと痛みを感じても、感じてないと思うのです。 火花が見えても、見えてないと思うのです。 僕はこれは無理ですけどね、1と2だけで十分だと思いますよ。

 

いかがだったでしょうか? これで今日からあなたも乾燥なんてへっちゃらです。

LINEで送る
Pocket

こんな記事も読まれています