カブトムシ大地に立つ

今日暑かった、夏を感じた、地獄の始まりだ・・・どうも、モリイです。

 

カブトムシの季節ですな、アナタはクワガタ派?カブトムシ派?どちらですか?

 

ワタシはクワガタ派だったのですが・・・
昨年、初夏の相模原にて捕獲したノコギリクワガタのロドリゲスが昨年11月に他界したショックによりカブトムシ派に推し変したのですが、カブトムシ、黒く光るこの鎧が最高にカッコイイですな。

 

ということで、カブトムシかあさん(今回無事生まれ成虫にまで成長したカブトムシ達のお母さん)に託されて、何度も腐葉土を替え、巨大化させるために育成マットを詰め、栄養補助剤を与えまくって、育成したカブトムシ達、共食いしないように栄養状態を確認しつつ。

大事に育てたのですが・・・なんか想像より小さい・・・

自然界のカブトムシのほうが大きく育つのか、幼虫時代に餌が足りなかったのか・・・

 

課題は残りそうですな。

 
ちなみに、記事は6/24日現在のものですが、速い個体はGW明けに蛹になり、6月2日にのっそり成虫に進化して顔を出しました。
カブトムシゼリーはかなり早い段階で設置していたのですが減ったの確認できたの最近の気がするので、ちょっと全体的に地上に出てくるのが遅い気がしますが、今年は春先の寒暖差が大きかったのも影響しているのか、ヲレの育成方法にミスがあったのかは・・・わからんです。

 
まぁ、そんなこんなで良い歳してカブトムシを本気で育成してるのですが、とりあえずこのカブトムシ達をさらに掛け合わせてヘラクレスオオカブトくらいのサイズにしてみたいと思います・・・。
あと50年以内くらいに・・・。

 

ほんとは、カブトムシじゃなくて猫や犬が飼いたい・・・。

 

んじゃ、そんな感じで。

 

ヲタ~~~~

 

 

 

LINEで送る
Pocket

Related Posts

2016年10月6日

木曜どうでしょう?

2016年9月26日

胡椒君!?