格安のAndroidタブレットにはご注意を!

こんにちは、KYUBI運営事務局のyyyです。
最近はスマートホンやタブレット端末を持っている人が増えてきました。
そんな中、Androidタブレット端末に対する脆弱性が判明したと発表されました。

 

米国の大手量販店各社が格安で販売しているマイナーなAndroidタブレットには、危険な脆弱性が数多く潜んでいることが、米セキュリティ企業Bluebox Securityのテストで明らかになった。 同社はこのテストで、10機種以上のタブレット端末のセキュリティを調査した。同社がテストを行った目的は、自社製のセキュリティ評価ツール「Trustable」を宣伝することにある。だがそれでも、テスト結果を見ると、やはり心配の種が数多く存在することが分かる。

(引用:Computerworld  2014/12/1)

 

Androidタブレット端末といっても「Nexus」や「Galaxy」といったようなメジャーな端末に対しての話ではなく、米国の大手量販店各社が格安で販売しているマイナーで格安な端末に対しての脆弱性のようです。
約40ドル(日本円で4700円程度)で購入できてしまう端末もあるようで、セキュリティに関してはお粗末なものが多く、ウイルスや情報漏洩など様々な脆弱性が発見されています。

今はネットで何でも安く買えてしまいますが、インターネット接続を必要とする 機器を購入する際はセキュリティのことも考えないとあとで大損することもあります。
これからはセキュリティのことも少し意識してみてはいかがでしょうか?

 

また、Androidのスマートフォンやタブレットに関しては、Blueboxの無料アプリ「Trustable」をGoogle Playからダウンロードすることで、お手元のデバイスのセキュリティのスコアを確認することができるようなので一度確認してみることをおすすめします。

LINEで送る
Pocket

こんな記事も読まれています