知ってますか?「個人情報漏えい保険」

ベネッセの事件は数千万件という膨大な数の個人情報漏洩を発生させました。彼らがお詫び金として用意した額は200億円。

普通の会社であればとても耐えられる金額ではありません。

 

しかし、「事故」に対しては「保険」が発売されるのが世の常。

なんと、東京海上日動が、「個人情報漏えい保険」というものを発売しています。

 

 

 

保険の内容は以下のようなものとなります。

個人情報が漏えいし、貴社が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る被害と、謝罪広告掲載費用やお詫び状作成費用等の事故対応のために支出した費用損害を補償する保険です。

 

保険の範囲は「賠償責任」の部分

  • 1.法律上の損害賠償金
  • 2.賠償責任に関する訴訟費用・弁護士費用などの争訟費用
  • 3.求償権の保全・行使等の損害防止軽減費用
  • 4.事故発生時の緊急措置費用
  • 5.弊社の要求に伴う協力費用等

および、費用損害の部分

  • 1.謝罪広告掲載費用・会見費用
  • 2.お詫び状作成・送付費用
  • 3.見舞金・見舞品購入費用(被害者1名あたり500円限度)
  • 4.コンサルティング費用(1事故あたり500万円限度)
  • 5.コールセンター委託費用等

について支払われます。

ただし、注意点として、海外のサーバに格納されている情報は保険金支払いの対象になりません。AWSとか、どうなるんでしょ。

 

 

保険金の目安は以下のとおりです。

 

 

LINEで送る
Pocket

こんな記事も読まれています