ニュース

新サービス「サイバー保険付帯Webアプリケーション診断」

2019.9.27

本記事は弊社新サービスの紹介になります。

 

弊社では新サービス「サイバー保険付帯Webアプリケーション診断」を開始いたしました。

 

当サービスは、お客様が保有するWebアプリケーションに対して、脆弱性の有無を確認するための「Webアプリケーション診断」に加え、特典として、サイバーインシデント発生時の費用を一部補償することが可能です。

当診断を受診されてから、1年間セキュリティインシデントが生じた際、インシデントの対応に伴う諸費用や、賠償金などの補填が行える保険でございます。

 

一口あたり、

費用負担金:最大 500万円

賠償金:最大 1000万円

までの保証金がおります。(1社につき最大5口まで)

 

「インシデントの対応に伴う諸費用」の例として、Webサイト内で不審な動きが検知されフォレンジック調査を行う際にかかる費用や、インシデントにより生じた対応窓口の増設費用や謝罪広告費用、見舞金、また法律相談費用等にも当保険が適用されます

 

尚、当保険の適応対象は診断を受診された「Webサイト」だけではなく、「企業全体」となりますので、Webアプリケーションに関係のないセキュリティインシデントに関しましても保証を受けることが可能です。

 

例)
・標的型メールの開封に伴うマルウェア感染時のフォレンジック調査費用
・人的ミスによる情報漏洩による補償や見舞金等

当診断を行うことでWebサイトの安全確認だけでなく、企業全体で補償を受けられる2重の備えを実現します。

 

※コーポレートサイトやランディングページ等にも適用頂ければ幸いです。

 

また、弊社にて一度診断を受けられているお客様には、さらにお得なキャンペーンを行っておりますので、ぜひレオンテクノロジー営業部、または下記お問い合わせページからご連絡ください。

 

営業部 : sales@leon-tec.co.jp

お問い合わせ : https://www.leon-tec.co.jp/contact/

 

是非ご検討の程よろしくお願い致します。